トップページ » 訪問歯科診療用器材パッケージ

訪問歯科診療用器材パッケージ

I. 活動の背景について

1. 二つのビジョンの具現化

平成19年7月に、公益社団法人日本歯科医師会、日本歯科医学会、一般社団法人日本歯科商工協会の3者は「歯科医療機器産業ビジョン」を上梓しました。それを受け、平成20年 厚生労働省により策定された「新医療機器・医療技術産業ビジョン」には「在宅における歯科医療の推進、口腔衛生管理のためのポータブル歯科用機器の開発」「革新的在宅医療機器の開発」等の歯科に関連する内容が複数記載されました。そのため前記3者は具現化のための活動を協力して行うこととなりました。

2. 具現化の体制

日本歯科医学会 歯科医療技術革新推進協議会の傘下に、歯科医療機器・器材開発小委員会が発足し、臨学産での具現化体制が作られました。

3. 共同開発

まず、学会側のニーズおよび産業界側のシーズを出し合い、テーマを決定しました。
その後、公募により決定した開発担当企業と、並行して日本歯科医学会より選出された22名のアドバイザーとの共同チームが作られました。

4. 課題解決型医療機器等開発事業

平成24年5月、経済産業省委託 課題解決型医療機器等開発事業に「在宅訪問歯科診療専用ポータブル器材パッケージの開発」を、歯科における臨学産(日本歯科医師会、日本歯科医学会、日本歯科商工協会)、その他1大学・5企業で応募し採択されました。
同事業における本プロジェクトの課題認識は以下のとおりです。

(1) 課題:在宅歯科医療供給体制の整備
  • 口腔環境は全身の健康へ大きく関与
  • 高齢社会では、要介護者が増加
  • 要介護者の90%が歯科治療を必要としている(実際の受診者は約27%)
(2) 解決策:安全・安心で効率的な訪問歯科診療システムの開発提供
  • 在宅要介護者の歯科治療のニーズに応えるためには、術者・患者双方にとっての「安全・安心な訪問歯科診療環境の整備」が必要である。
  • 本事業では、臨学産の連携協働で「ポータブル歯科診療器材パッケージ」を平成26年度までに開発する。在宅訪問歯科診療に必要な全ての器材をコンパクトなカートに搭載する。
  • さらに臨学にて本パッケージを用いる標準診療マニュアルを開発し、国内外の歯科医師への研修会を開催することにより、市場浸透を目指す。

5. 最終的な共同研究開発体制の整備

サブテーマおよび担当企業等は以下の通りです。

  • サブテーマ1
    「在宅・訪問歯科診療用ポータブルユニットの開発とパッケージ化用装置の開発」
    (開発担当:株式会社吉田製作所、協力企業)
  • サブテーマ2
    「在宅・訪問歯科診療用ポータブル照明機器・SpO2モニター装置の開発」
    (開発担当:株式会社ミクロン)
  • サブテーマ3
    「在宅・訪問歯科診療用ソフトの開発」
    (開発担当:株式会社ナルコーム)
  • サブテーマ4
    「要介護者用診療体位補助装置の開発」
    (開発担当:株式会社吉田製作所)
  • サブテーマ5
    「在宅・訪問歯科診療用印象採得・咬合採得キットの開発」
    (開発担当:株式会社ジーシー)
  • サブテーマ6
    「在宅・訪問歯科診療用義歯リペアキットの開発」
    (開発担当:株式会社ジーシーデンタルプロダクツ)
  • サブテーマ7
    「義歯用ディスポブラシ・口腔内オーラルケアブラシの開発」
    (開発担当:株式会社ジーシー)
  • サブテーマ8
    「在宅・訪問歯科診療用ポータブルX線撮影装置の開発」
    (開発担当:株式会社吉田製作所)
  • サブテーマ9
    「在宅・訪問歯科診療用専用ポータブル器材パッケージの臨床評価およびマニュアル策定・研修会開催」
    (開発担当:東北大学、日本歯科医学会、日本歯科医師会)
  • サブテーマ10「トレーニングシステム、eラーニングシステム及び患者等説明ツールの開発」
    (開発担当:株式会社ニッシン)

6. 成果

2014年7月に、本事業を通して開発されたDENTAPAC KOKOROが発売されました。
その後、同年10月にかけて、全国8地区にて日本歯科医師会および都道府県歯科医師会主体にて「意見聴取会」が開催され、大変多くの歯科医師よりDENTAPAC KOKOROに対する忌憚のないご意見をいただきました。

7. 受賞歴

  • 2015年:第13回産学官連携功労者表彰 厚生労働大臣賞
  • 2015年:グッドデザイン賞

II. DENTAPAC KOKORO について

「DENTAPAC KOKORO(デンタパックココロ)」とは、上記活動において開発された、歯科訪問診療向け器材パッケージの名称です。

ロゴマークの由来

DENTAPAC KOKOROのロゴマークは、歯科訪問診療の更なる拡大による健康長寿社会への貢献を願い、「歯」「心(ハート)」「ポータブル」の各イメージから構成されています。

※ DENTAPAC KOKOROのロゴマークは、日本歯科商工協会の登録商標です。

III. DENTAPAC KOKORO 加盟企業会について

「DENTAPAC KOKORO加盟企業会」は、前記DENTAPAC KOKOROのPR、ロゴマークの管理等を目的として2015年4月に立ち上げられた、日本歯科商工協会会員団体の加盟企業により構成される会員組織です。

1. 関連資料

2. 問い合せ先

dentapac@jdta.org