トップページ » 歯科器材MDR(歯科器材情報担当者)認定講習会のご案内

平成30年度 歯科器材MDR(歯科器材情報担当者)認定講習会のご案内

新規認定者および認定証更新者を対象とした講習会
特別講演:デジタルデータを用いた診査・診断から補綴装置作製のワークフロー
(高橋英和教授:東京医科歯科大学)

医療法により、医療機関には医療機関の安全管理を担当する「医療安全管理者」の設置が義務付けられており、また、医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生医療等製品の製造販売後安全管理の基準に関する省令(GVP省令)では、医療機器の適正使用のため、医療機器の製造販売業者に、安全管理情報の収集と提供を担当する「医療機器情報担当者」の設置が求められています。また、平成26年11月25日に施行された「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」では、その目的(第一条)において、国の責務、都道府県の責務、医薬品等関連事業者の責務、医薬関係者の責務、国民の役割などが明記され、品質のみならず、有効性及び安全性の確保に関する情報の管理・提供が重要となってきています。

日本歯科商工協会では、平成23年度に「歯科器材MDR(歯科器材情報担当者)認定制度」を創設し、認定講習会を開催して、歯科における所定の経験と知識を有し、医療機関の「医療安全管理者」と安全管理情報を共有できると認めた者を「歯科器材MDR(Medical Device Representative)(歯科器材情報担当者)」として認定し、歯科用医療機器の安全の確保のための情報提供の質の向上を図っております。今年度の歯科器材MDR(歯科器材情報担当者)の認定講習会を下記の要領で開催することといたしましたので、ご案内申し上げます。

また、今回の認定講習会の第2部では、高橋英和教授(東京医科歯科大学)より「デジタルデータを用いた診査・診断から補綴装置作製のワークフロー」と題して、口腔内スキャナー,CAD/CAM,3Dプリンターなどのデジタル機器を用いた歯科医療技術の最新情報をご講演いただくこととしました。そこで、デジタルデンティストリーに関心のある企業の皆様にも広くご聴講いただけるよう、歯科器材MDR認定とは別に、特別聴講枠を設けましたので、この機会に、最新情報の収集と理解にお役立ていただきたいと思います。

「実施要項」をご確認の上、「参加申込フォーム」からお申込みいただきますようお願いします。

歯科器材MDR参加申込フォーム
特別聴講申込フォーム

東京会場

開催日時平成30年11月14日 (水)
第1部 新規認定者対象13:00-17:00(受付12:30-)
第2部 新規認定者、認定更新者、特別聴講者15:15-17:00(受付14:55-)
開催場所株式会社ヨシダ 3F第1・第2会議室
東京都台東区上野7‐6‐9
https://loco.yahoo.co.jp/place/g-dbnlOqX9_No/map
定員100名

大阪会場

開催日時平成30年11月12日 (月)
第1部 新規認定者対象13:00-17:00(受付12:30-)
第2部 新規認定者、認定更新者、特別聴講者15:15-17:00(受付14:55-)
開催場所白水貿易株式会社 6Fホール
大阪府大阪市淀川区新高1‐1‐1
http://www.hakusui-trading.co.jp/aboutus/map_osaka.html
定員100名

申込締切日

平成30年10月3日(水)